教養試験の種類 〜 「公務員採用試験・情報ガイド」

公務員試験・採用情報ガイド
教養試験の種類
その名の通り、どの程度学問の教養を身につけているのかを問われる試験です。教養試験は、一般知能(文章理解、数的処理、時事)、一般知識(自然科学、人文科学)におおまかにわけることができます。

高卒程度、大卒程度などの難易度レベルのランク分けがありますが、少ない時間の中で最適な解答を導き出すという公務員試験用の勉強をしていないとまず突破できません。

文章理解
現代文の意味を読み取り、設問に対して適切な回答を選択する試験です。試験種によっては現代文以外に、古文、英文の問題も出題されます。

数的処理
教養試験の4分の1ほどを占める、ウェイトの大きな試験です。数的処理は数学の問題なので、得意な人と苦手な人にわかれやすいです。しかし、苦手な人でもある程度の得点が取れるレベルまでにはなっておきたい科目です。

時事
直近一年間に起きた政治・経済等の時事に関する問題が出題されます。日本だけでなく、世界全体の時事が出題されます。

自然科学
数学、物理、化学、生物、地学の理数系5つの分野から出題されます。高校生までの知識で回答できる問題が多く出題されます。

人文科学
思想、文学・芸術、日本史、世界史、地理の社会系5つの分野から出題されます。高校生までの知識で回答できる問題が多く出題されます。

その他
専門試験の範囲を学習していれば解ける問題や、試験種固有の問題が出題されます。試験種にあわせた対策が必要です。

公務員予備校一覧
スポンサーリンク

SCHOOL
公務員予備校はこちら

EXAMINATION
ABOUT
公務員試験・採用情報ガイド > 公務員試験について > 公務員試験の内容 > 教養試験の種類
Copyright (C) 2007-2013 公務員試験・採用情報ガイド All Right Reserved.