外務省経験者採用試験


公務員試験・採用情報ガイド

外務省経験者採用試験


民間企業等における有為な勤務経験を有する者を係長等の官職へ採用するための採用試験。

職務内容
外務公務員法(昭和27年法律第41号)第2条第5項に規定する外務職員で同項に規定する外交領事事務に従事するものの占める官職のうち、特定の地域若しくは分野に係る高度の専門的知識又は特定の語学に係る高度の能力を用いて業務に従事することを職務とする書記官の官職※1又はその職務と責任がこれに相当する外務省の内部部局若しくは総領事館の官職。
※1 同法第5条第2項の規定により外務省令で定めることとされている標準的な官職が書記官である職制上の段階に属する官職をいう。

 ⇒ お薦めの予備校はこちら

受験資格


試験が行われる年の4月1日現在で、大学等を卒業した日又は大学院の課程等を修了した日のうち最も古い日から起算して9年を経過した者

求める人材
1. 英語で業務遂行が可能な者
2. 以下の分野のうち、いずれかの分野で職務遂行能力を有する即戦力となる人材
・外交政策、安全保障
・地球規模問題(環境、人権・人道)
・条約、法律・広報文化
・経済・領事・経済協力
3. 途上国の過酷な環境でも勤務できるたくましさ、国際社会の多様な価値観を理解し受け入れることができる柔軟性とバランス感覚を兼ね備えている人材
4. 大学卒業後の研究※2又は職務経験(業種は問わない。)の年数が、試験が行われる年の8月1日現在で通算9年以上に及ぶ者
※2 大学卒業後の研究の例は、以下のとおり
・受験資格の基準となる大学卒業(学位取得が最も古いもの)後に再び大学(海外を含む)に入学し、基準となる大学学部とは異なる学部(大学はどの大学でも可)の学位を取得した場合
・大学院修士課程以上の課程を修了した場合(海外を含む)


申し込み方法


原則としてインターネットで申し込みます。
http://www.jinji-shiken.go.jp/juken.html
郵送での申し込みもできますが、受付期間が短いので注意が必要です。

試験日程


平成24年度の外務省経験者採用試験は下記の日程で行われます。

受験案内等配布開始 8月6日(月)
受付期間(インターネット) 8月14日(火)〜8月21日(火)
受付期間(郵送又は持参) 8月14日(火)〜8月15日(水)
第1次試験 9月30日(日)
第1次試験合格発表 10月17日(水)
第2次試験 11月15日(木)、11月16日(金)
最終合格発表 12月12日(水)


試験内容


平成24年度の外務省経験者採用試験は下記の内容で行われます。

試験 試験種目 配点比率 解答時間
第1次試験 基礎能力試験(多肢選択式) 1/3 2時間20分
外国語試験(記述式) 2/3 2時間
経験論文試験 * 1時間30分
第2次試験 人物試験 * -
外国語試験(面接) * -
総合評価面接試験 * -

基礎能力試験・・・公務員として必要な基礎的な能力(知能及び知識)についての筆記試験
出題数は30題
 知能分野 24題 (文章理解[8]、判断・数的推理(資料解釈を含む。)[16])
 知識分野 6題 (自然・人文・社会[6](時事を含む。))

外国語試験(記述式)・・・対象となる官職の職務に必要な語学力についての筆記試験(英語和訳、和文英語訳)
 英語 英文和訳2題、和文英訳2題

経験論文試験・・・勤務経験等に関する論文により職務遂行に必要な能力を有しているかどうかを判断する試験 出題数は1題

人物試験・・・人柄、対人的能力などについての個別面接

外国語試験(面接)・・・対象となる官職の職務に必要な語学力についての英語会話による試験

総合評価面接試験・・・対象となる官職に必要とされる適性についての個別面接による試験

※ * は合否の判定のみを行います。

試験地


平成24年度の外務省経験者採用試験は下記の試験地で行われます。

第1次試験地 : 東京都
第2次試験地 : 東京都


合格率


外務省にて、申込者数、合格者数ともに発表されていません。
採用予定数は2〜3名です。

給与、年収


採用時の俸給月額は、採用者の経験年数と同程度の経験年数を有する外務省専門職員採用試験により採用された職員が受ける俸給月額との均衡を考慮して決定します。
(参考)外務省専門職員採用試験による本省の係長級(行政職俸給表(一)3級)に相当する書記官で俸給月額が3級1号俸の場合は、222,900円(※)

他に下記のような諸手当が支給されます。
・地域手当(東京特別区内に勤務する場合) : 俸給月額の100分の18(※)
・扶養手当 : 扶養親族のある者に、配偶者月額13,000円等
・期末手当・勤勉手当(いわゆるボーナス) : 1年間に俸給等の約3.95月分(※)
※平成26年3月31日までの間は「国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律」により、
俸給月額及び地域手当についてはそれらの額に100分の7.77、期末手当・勤勉手当についてはその額に100分の9.77を乗じた額を減じて支給されます。

問合せ先


人事院人材局
外務省

その他


詳しくは人事院ホームページをご確認ください。
■人事院
http://www.jinji.go.jp/
■外務省:採用情報
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/saiyo/index.html
■経験者採用試験
http://www.jinji.go.jp/saiyo/keiken.htm



外務省経験者採用試験に臨まれる方へ
外交官に求められるのは、国のために尽くす情熱と使命感。それを支える知性。人間としてのタフさと誠実さ。さらにはあくなき向上心。外務省には皆さんの力を必要とする様々なフィールドがあります。視野を世界に広げながら、日本の国益を真剣に考え、日本の平和や繁栄を守っていく仕事ができます。時として厳しくもありますが、格別のやりがいもあります。そんなスケールの大きな仕事に挑戦してみませんか。


この職種に興味がある人はこんな職種もチェックしています。
この職種向けの講座がある予備校
スポンサーリンク

SCHOOL
公務員予備校はこちら

EXAMINATION
ABOUT
公務員試験・採用情報ガイド > 公務員職種一覧 > 外務省経験者採用試験
Copyright (C) 2007-2013 公務員試験・採用情報ガイド All Right Reserved.