- TOPICS - 公務員試験に社会人枠


公務員試験・採用情報ガイド

公務員試験に社会人枠


2010年7月31日
公務員の採用枠に新たに『社会人枠』ができることが人事院により発表されました。

人事院は2012年度から実施する国家公務員の新たな採用試験に、社会人経験者や大学院修了者などを対象とする採用枠を新設する方針を固めた。

優秀な大学新卒者が外資系企業や大学院などに流れている現状を食い止める狙いがある。8月の人事院勧告に合わせた報告に盛り込む予定で、来春にも人事院規則の関連規定を改正する方向だ。

新たな試験制度の導入自体は、08年に成立した国家公務員制度改革基本法で決まっている。従来のキャリア制に基づく試験を廃止し、政策の企画立案能力を 重視する「総合職」、的確な事務処理の能力を見る「一般職」、特定分野の専門的知識を重視する「専門職」に区分するという内容だ。

「経験者採用試験」は、この制度改正に合わせて新たに設けるもので、民間企業などで経験を積んだ人が対象となる。合格者は係長級以上に採用する。大学院や法科大学院、公共政策大学院の修了者が対象の「院卒者」試験は総合職の採用枠の中に新たに導入する。

公務員を目指す社会人にとっては新たな公務員枠の拡大で、チャンスが広がりました。
採用枠が設置されるのが2012年です。


公務員予備校一覧
スポンサーリンク

SCHOOL
公務員予備校はこちら

EXAMINATION
ABOUT
公務員試験・採用情報ガイド > トピックス > 公務員試験に社会人枠
Copyright (C) 2007-2013 公務員試験・採用情報ガイド All Right Reserved.